1クール続けるブログ

とりあえず1クール続けるエンジニアの備忘録

シュガーラッシュ2感想

シュガーラッシュ2(吹替版)をMX4Dで観に行きました。面白かったので感想書いてみようかなと思っています。Twitterに書いて終わりにしようとも思ったのですが、ちょっと文字数が足りなかったようです。
ネタバレ少なめで書いていきますが、多少はありますのでお気をつけください。
出ている企業とかじっくり見たかったので、配信されるようになったらレンタルして一時停止しながら見ようと思います。

インターネット周りの描写

今回の舞台はインターネットなので、インターネットに関する表現が沢山出てきます。

f:id:jrywm121:20181225023559p:plain
インターネット

Wifiからインターネットに出ていくとき

インターネットに出ていくときとか、ちゃんとカプセル化されるんですよね。「これ絶対ヘッダーついてますよね!送信元(先?)IPアドレス言ってたし、これ絶対ヘッダ付いてるってことですよね!?」と思いながら觀ていました。ラルフがカプセルから顔だけはみ出ちゃっているのは、1フレームの最大サイズにおさまらなかったからなのかなと思ったりしました。

f:id:jrywm121:20181225023403p:plain
パケット?状態のラルフ

途中で加速してスピード早くなったのは、電話回線から光回線に変わったからなんですかね?(詳しくないので知ってる方いたら教えてください)

インターネットの世界

インターネットの世界では、Googleエンパイアステートビル的な一番大きなビルに描かれてます。やっぱりインターネットの中で一番存在感があるというのは世界共通認識のようです。ラルフがゴーグルのお店と勘違いしてたのに笑いました。

f:id:jrywm121:20181225023651p:plain
Google

他にもTwittterやInstagramAmazonなど日本でも馴染みのある企業が沢山並んでましたね。FBとInstagramは資本関係にあるだけに、近いところに立地があるのかとかを見ておけばよかったです。IPアドレスで立地決めているという線もあるかもしれないです。

インターネットならではの表現とかもユニークでした。
人間はインターネットの中ではアバターとして表現されるのですが、そのアバターがインターネットを移動する際に乗っているのがブラウザらしいです。終盤もろもろ有って、その乗り物が破壊されたりしたときに、物理世界ではブラウザがクラッシュしているような描写になっていましたね。みんな同じように見えましたが、もしかしてFirefoxChromeなどで違いが表現されていたのかもと思うと夢があります。

f:id:jrywm121:20181225023811p:plain
ブラウザ

検索バーの自動補完、WEBサイト広告のアニメ映像への落とし込み方とかも面白く感じる要素が多かったです。実際のeBayは特に広告などにあうこと無く、各商品のページにいけました。

作品で大きなカギを握るWEBサイトが、ゲーム以外だとeBayとohmy.disney.comとbuzzzTubeになるのですが、buzzzTubeだけは架空のサイトみたいですね。仕組み的にはほぼYouTubeなのではという感じでしたが、YouTube自体のインターネットの街に存在していたので、名前だけ変更して登場させたというわけでもなさそうです。
結構たくさんのIT企業出てたけど、netflixが見つからなくて、これはディズニーがnetflixからディズニー作品を引き上げて自分でストリーミングサービスやるって言ってたことと関係あるのか…?と勘ぐってしまう部分も。

キャラ周り

オールスター感

MARVELとスターウォーズ持ってるだけあって出せるキャラの幅が広いのもオールスター感を感じてよかったです。
ズートピアの監督さんということでズートピアのキャラは多めになるのかなと思いきやニックだけの出演だったと思います。なんにせよ、一時停止しながら見ないと分からない所ではあります。C3POがなにげにちょっと美味しい役回りだったのがちょっと嬉しかったです。

f:id:jrywm121:20181225024029p:plain

プリンセス

プリンセスの条件のくだりとかも面白くて、ディズニーにおけるプリンセス像の変化なんかも、他に沢山作品見てれば感じられたかもと思ってちょっと悔しい気持ち。 ディズニープリンセス系の論文って調べれば結構あるみたいで、一番新しそうなものを一個つまんで読んでみたけどかなり面白いです。こういうこと研究してらっしゃる方もいるんですね。 https://human.kyotogakuen.ac.jp/pdf/association/2017/i2017_01.pdf

ディズニースタジオ作品たくさん見てらっしゃる方は、最後あたりのシーンとかかなり胸熱ではないでしょうか。

おまけ

MX4D

4Dで觀たのは初めてでしたが、思ったよりかなり揺れます。なみなみと盛ってあるポップコーンはまず食べられないと思います。ただ、揺れなども最初のほうはかなり気になりますが、物語を觀ているうちに徐々に気にならなくなります。ただ、映画が始まる前までの予告編でも揺れるのが想定外で、予告編ってだいたい動きのあるシーンの塊だったりするのでガンガン連続で揺れます。

普通に映画を見る料金(1800円)+ 4Dの料金(1200円) って感じでした。一種のアトラクション的な要素があると思えば妥当な価格設定かなと思います。

勢いで帰ってきてモアナを觀た

ヴァネロペのプリンセス像というのが自分の想像するディズニープリンセスとはかなり変わっていて、どういう変遷を通ってディズニーはこのようなディズニープリンセスにしたのかなと気になり、モアナを帰ってきてから觀ました。 作品としてとてもおもしろかったです。2時間があっという間に感じられましたし、音楽もとても良かったです。映画觀ながら3回は泣きました。

f:id:jrywm121:20181225024205p:plain

まとめ

また一時停止しながらじっくり見たい作品です。 ほぼ映画を見ない生活を送っているので、これを機にちょっとずつディズニー周りから履修してみようかなと思いました。

映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」の感想 #シュガラお題



sponsored by 映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」(12月21日公開)