1クール続けるブログ

とりあえず1クール続けるエンジニアの備忘録

【AWS Re:Inventレポート】HAC301-R1 - AWS GameDay: Main event countdown (PM)

AWS GameDay: Main event countdown (PM)

2日目の午後からは、GameDayに参加してきました。
午前中は何をしていたかというとAndy JessyのKeynoteを見てきました。プレゼンの合間に生バンドの演奏が挟まり、それぞれのトピックのトレンドを象徴するかのような曲が流れました。例えば、QueenDon't Stop me nowなど…。いろんな発表がありましたが、個人的に周囲含め一番盛り上がったのはEKS on Fargateでした。あとAWS Graviton第2世代のM6gインスタンスにはとても期待を持っています。

GameDayが始まる前に

アメリカに渡ってきてからの2日間で自分が思ったより英語の聞き取りが出来ないこと、言葉も全然思ったように出てこないことを認識していました。そのため、チームを組んだときに言語の壁で足を引っ張ってしまうのでは無いかと心配でした。もし、日本人4人で出れると有り難いなーなんて思っていたら、直前でなんとか組むことができました。自分はチームの他のメンバ全員と初対面でしたが、皆さん優しくて非常に助かりました。

GameDayで大変だったこと

内容とか書こうと思ったんですが、外部に垂れ流していいやつか分からなかったので、ぼやかします。 システムの構成が中途半端になっているので、その部分の補完を行い、来る高トラフィックに備えるというのが趣旨でした。サービスの1つはEKS上で構築されていたので、自分がそこを担当することになりました。EKSやっているのが活きて本当に良かったです。
単純にそれだけなら簡単なんですが、妨害が入ります。ネットワーク層での構成がゴリゴリ変えられて、普通にサービスダウンしました。そういった妨害が入ることが頭に無かったので(説明をちゃんと聞いてなかった)、「ぼくなんかやってしまった?やってしまったの?」とパニクりました。特に踏み台にアクセスできなくなり、NewRelicにもデータ飛ばなくなったときはパニック最高潮でした。
結果、指揮を取ってくれていた方が自分にヒントをくれたおかげで原因に気づくことができました。気持ちよかったです。

GameDayで得られたもの

普段触らないサービスに触れたのは良かったと思います。良かった反面、やはり使い慣れていないサービスを使うのはかなり難しそうで、チームの方の中の一人はその部分に注力してくださっていたのですが、ハマりポイントもあったようで本当に大変そうでした。

思い込みがいろんな問題の解決を遅くしてしまったように感じます。普段の障害調査もこういったふうに思い込みのせいで原因究明に行き詰まってしまっていたことがもしかしたらあったのかもと思いました。気づきを得られたのはとても良かったです。

あとニット帽を得ました。かわいいです。

結果

80ぐらいいるチームの中で22位でした。一時は1位だったときもあったので悔しいですが、後半一度かなり落ちたので盛り返せたほうかなと思っています。AWS Summitでやってほしいなと思う内容でした。

チームメンバの方とはJapan Nightでそのままお話出来たのでとても嬉しかったです。

f:id:jrywm121:20191205073028p:plain